スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

現金の範囲 その2

2008年10月22日 23:23

現金の範囲は実務でも重要だと思うので、再び自作の問題。

***********************************************
【11】 次のうち、会計上の「現金」に該当しないものはどれか。

a) 送金為替手形

b) 官公庁支払命令書

c) 収入印紙

d) 期限到来後の公社債利札
***********************************************


(解答解説)

a)、b)、d)は通貨代用証券にとされ、会計上「現金」で処理されます。

解答はc)で、使用分は「租税公課」で処理し、未使用分は「貯蔵品」で処理します。

そのほか、現金と間違えやすい項目として、はがき・切手(使用分は「通信費」、未使用分は「貯蔵品」で処理する)や消耗品(使用分は「消耗品費」、未使用分は「消耗品もしくは貯蔵品」で処理する)などが挙げられます。

取引をイメージしながら実際に仕訳を書いて行くと覚えやすいと思います。特に、現金と間違えやすいものは、「なぜ現金ではないか」と自問しながら仕訳を切ると良いと思います。

よかったらお願いします↓
にほんブログ村 資格ブログ 会計系資格へ
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://leapahead.blog87.fc2.com/tb.php/39-68d2dc36
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。