スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

法人税申告書

2008年10月30日 00:18

いつもご覧になっている方、ありがとうございます。本日も自作の問題を追加いたします。

***********************************************
【13】 法人税申告書は各種の別表で構成されているが、「利益積立金額および資本金等の額」を表す申告書別表は以下のうちどれか。

a) 別表5(1)

b) 別表15

c) 別表11(1)

d) 別表2
***********************************************


(解答解説)
実際に申告書を作成されている方でしたら、当たり前のことかもしれません。ですが、手を動かして一から作成されたことのない方には厳しいかもしれません。
申告書の作成方法の本は、本屋に行くとたくさん平積みされていますので、一度手にとってみてもよいかと。

a) 別表5(1):「利益積立金額及び資本金等の額の計算に関する明細書」
b) 別表15:「交際費等の損金算入に関する明細書」
c) 別表11(1):「個別評価金銭債権に係る貸倒引当金の損金算入に関する明細書」
d) 別表2:「同族会社等の判定に関する明細書」
よって正解はa)。

いつもありがとうございます、よろしかったらお願いします↓
にほんブログ村 資格ブログ 会計系資格へ


ビジネスブログ100選


スポンサーサイト

利息制限法

2008年10月27日 23:31

久しぶりに自作の問題を。

***********************************************
【12】 「利息制限法」で定められている遅延損害金の利息のうち、正しいものはどれか。

a) 10万円未満の場合・・・・・年18%

b) 10万円未満の場合・・・・・年29.2%

c) 100万円以上の場合・・・・年21.9%

d) 100万円以上の場合・・・・年26.28%
***********************************************


(解答解説)
仕事で使われているかたには常識かもしれませんが、一般の方にはあまりなじみがないかもしれませんので、正確に覚える必要があります。グレーゾーン金利等で数字自体は最近話題にでていますね。正解はc)。

利息制限法の制限利率
・10万円未満の場合・・・・・・・・・・・・・・年20%
・10万円以上100万円未満の場合・・・年18%
・100万円以上の場合・・・・・・・・・・・・・年15%

遅延損害金は制限利率の1.46倍
・10万円未満の場合・・・・・・・・・・・・・・年29.2%
・10万円以上100万円未満の場合・・・年26.28%
・100万円以上の場合・・・・・・・・・・・・・年21.9%

いつもありがとうございます、よろしかったらお願いします↓
にほんブログ村 資格ブログ 会計系資格へ


ビジネスブログ100選

プロフィール

2008年10月26日 19:49

遅くなりましたが、当ブログの管理者leapaheadのプロフィールを作成してみようと思います。

*出身
--東京生まれの東京育ち

*年齢
--そろそろ30代中盤に・・・

*性別
--男性

*仕事
--会社員

*保有資格等
--簿記1級、米国公認会計士、公認内部監査人、内部統制評価指導士、公認情報システム監査人、TOEIC930点

*職歴
--中堅会計事務所にて、経理・税務・社会保険事務等を経験した後、大手監査法人にて、会計監査やSOX・リスクマネジメント・コンプライアンス・CSR・内部統制・不正調査等のコンサルティングを経験する。
その後、米国系製造業の日本法人にて、経理・税務・内部統制のマネージャーを経験し、現在、日系製造業の内部監査室に勤務する。

*趣味
--海釣り・スキューバダイビング・読書

*今後の勉強・資格・趣味等の目標
--FASS満点・税理士・公認会計士・中小企業診断士など
--語学:TOEIC満点、中国語もしくはスペイン語を始める
--その他:自転車(ロード)を始める、日本史を学ぶ

以上、今後ともよろしくお願いいたします。

ご興味を持ってくださったかた、よろしかったらお願いします↓
にほんブログ村 資格ブログ 会計系資格へ


ビジネスブログ100選

簿記3級が分かれば・・・ その2

2008年10月26日 01:07

竹中平蔵氏の『竹中式マトリックス勉強法』についての、その2です。

「簿記3級が分かれば、日本経済が分かる」

と竹中氏は述べていますが、このことについて私なりの理解について触れさせて頂きたいと思います。

まずは彼が会社員時代に仕事の後、簿記学校に通って学んでいたことに驚きました。彼ほどの頭の持ち主なら、簿記3級合格程度でしたら赤子の手をひねるようなものだと思っていました。
更に、合格は「えもいわれぬ達成感を味わった」とも述べています。

書籍の中では、「簿記3級が分かれば、日本経済が分かる」と言う前に、「複式簿記が分かれば、日本経済が分かる」と言っています。

複式簿記の歴史は、14世紀のイタリアを由来とし、その後、ドイツの文豪ゲーテは『複式簿記は人類が生んだ最高の発明の一つだ』といい、そして現在、以前の私のブログでも述べましたが、今でも複式簿記の論文が書かれている程です。

そして、彼は正確には、「簿記3級が『完璧に』分かれば、日本経済が分かる」と言っています。

同感です。簿記3級を完璧に理解することは、複式簿記を完璧に理解すること。企業であれ国であれ日々の活動の一つ一つの積み重ねを数字に置き換え、利益やGDPを計算しています。
したがって、その数字に置き換える仕組みである複式簿記を完璧に理解することは、経済の結果としての数字の因果関係を理解できるといっても過言ではないと思います。

問題となるのが、『簿記3級を完璧に理解する』こと。

私は会計系の資格は、米国公認会計士と簿記1級のみで、日本の会計士や税理士は持っていませんが、実務でそれなりに鍛えてきました。

最近、ようやく、複式簿記の真髄や美しさに気が付いてきましたが、完璧に理解するにはほど遠い状態です。

竹中氏は、経済を極めればそれほど簿記3級の重要性を身にしみて感じているようです。
そして、「基本をおろそかにせず、素振りやキャッチボールを極めた人が、結局は大局をものにする」といっています。
この点に関しては、私が以前のブログで書いたように、全くの同意見で嬉しかったです。

また、竹中氏の勉強法には、資格取得を有効的に利用する内容も書かれています。
私も、「複式簿記を完璧に理解する」ために、これからも日々勉強していかなければとあらためて感じました。

まずは、以前から考えていた、税理士か日本の会計士試験へ向けて、ついに実行へ移そうと決意しました。
もちろん、竹中氏の「マトリックス」のバランスを取りながら。

長々とお読み頂きありがとうございました。
また、簿記はもちろんFASS検定も周知させて行きたいと思いますので、よろしかったらお願いします↓
にほんブログ村 資格ブログ 会計系資格へ


ビジネスブログ100選





簿記3級が分かれば・・・ その1

2008年10月25日 00:47

竹中平蔵氏の『竹中式マトリックス勉強法』を読みました。

竹中式マトリクス勉強法竹中式マトリクス勉強法
(2008/10)
竹中 平蔵

商品詳細を見る

この一週間ほど探していてようやく会社帰りに見つけ購入。

ここ数年の「勉強方法ブーム」。本屋に行けば平積みを眺め、手に取り、何冊かは購入してきました。

眺めただけのものは、
・書籍名に懲りすぎ
・著者を知らない
・見るからに怪しい など


手に取り、目次・後書きを読んだだけのものは内容が、
・役に立たない
・既に知っている
・ただの理想、具体性が無い
・文章が雑
・極めて限定的な人しか実行できそうもない など


購入したものは、
・上記の購入に至らなかった理由の反対
・書籍代以上の投資価値があると判断
そして、そのほとんどは古本屋へ・・・


そんな、勉強方法が乱立している昨今、『竹中式マトリックス勉強法』は私が読んだ中でも唯一本物の本だといっても過言ではありません。

しかも、950円という値段は、数多くの勉強法の本が、その質の悪い内容と比べるとはるかに高い金額を請求している現実を考えると、あまりに良心的なものだと感じました。

会計系の勉強をされている方は、この本の新聞広告の文章に目をとめたかもしれません。

「簿記3級が分かれば、日本経済が分かる」

幾つかのWeb上の書評では、大袈裟、言いすぎ、等々書かれていましたが、私個人としては、竹中氏の書かれている内容に同感でした。

つづきは、簿記3級について。

よかったらお願いします↓
にほんブログ村 資格ブログ 会計系資格へ


ビジネスブログ100選

現金の範囲 その2

2008年10月22日 23:23

現金の範囲は実務でも重要だと思うので、再び自作の問題。

***********************************************
【11】 次のうち、会計上の「現金」に該当しないものはどれか。

a) 送金為替手形

b) 官公庁支払命令書

c) 収入印紙

d) 期限到来後の公社債利札
***********************************************


(解答解説)

a)、b)、d)は通貨代用証券にとされ、会計上「現金」で処理されます。

解答はc)で、使用分は「租税公課」で処理し、未使用分は「貯蔵品」で処理します。

そのほか、現金と間違えやすい項目として、はがき・切手(使用分は「通信費」、未使用分は「貯蔵品」で処理する)や消耗品(使用分は「消耗品費」、未使用分は「消耗品もしくは貯蔵品」で処理する)などが挙げられます。

取引をイメージしながら実際に仕訳を書いて行くと覚えやすいと思います。特に、現金と間違えやすいものは、「なぜ現金ではないか」と自問しながら仕訳を切ると良いと思います。

よかったらお願いします↓
にほんブログ村 資格ブログ 会計系資格へ

現金の範囲 その1

2008年10月20日 23:05

自作の問題。

***********************************************
【10】 次のうち、会計上の「現金」に該当しないものはどれか。

a) 郵便為替証書

b) 一覧払手形

c) 振替貯金払込証書

d) 自己振出の回収小切手
***********************************************


(解答解説)
簿記等の会計系の勉強では必須なトピックです。

a)~c)は通貨代用証券にとされ、会計上「現金」で処理されます。

解答はd)で、自己振出の回収小切手とは、当社が以前に振出した小切手が、裏書の繰り返しなどにより再び当社に戻ってきた場合のその小切手をいいます。

そのほか、現金と間違えやすい項目として、先日付小切手(受取手形で処理)や借用証書・借受メモ(貸付金で処理)などが挙げられます。

丸暗記ではなく、それぞれの内容をイメージし、経済的な意味等を知ると覚えやすいかと思います。

よかったらお願いします↓
にほんブログ村 資格ブログ 会計系資格へ





連結決算日

2008年10月19日 11:28

2008年10月18日付日経新聞「海外子会社の決算期」より

グローバルで展開している日本企業が、親子の決算期のズレをなくし、グループとして決算期を統一をる動きが広がっている、と報じています。
そのインセンティブとして働いているのが、四半期決算に直近の状況を反映できないことがあるようです。一年の間で業績のシーズナリティが各国で異なると、連結上、タイムリーに企業の状況を反映できないのが原因でしょう。

統一の方法としては、日本の親会社の決算期(3月)に統一する方法と、グローバルで12月に統一する方法を、企業に応じて採用しているようです。

そこで、連結決算日に関する自作の問題。

***********************************************
【9】 次の連結決算日の解説で(  )内に入る日数の組み合わせの適切なものはどれか。

 連結財務表は、( A )の決算日を連結決算日として作成しする。連結決算日と子会社の決算日との差異が( B )以内の場合は、新たに決算を行わないで連結することが認められる。

a) A 親会社 B 3か月

b) A 親会社 B 2か月

c) A 子会社 B 3か月

d) A 子会社 B 2か月

***********************************************


(解答解説)
正解はa)。子会社の決算日が連結決算日と異なる場合には、原則、子会社は、連結決算日において、正規の決算に準ずる合理的な手続きに従って、新たに決算を行わなければならない。

よかったらお願いします↓
にほんブログ村 資格ブログ 会計系資格へ

財務体質の分析

2008年10月18日 17:33

2008年10月18日付日経新聞「日本企業、財務に強み」より

財務基盤の強弱を判断する代表的な指標として「負債資本倍率(debt to equity ratio )」を挙げ、米企業よりも負債の依存度が低いため、経営が安定している日本企業が見直される可能性を示唆している。日本企業はバブル期以後、負債の圧縮、自己資本の積上げ、筋肉質の財務を追求してきた。

ただし、米企業は、経営の効率性を示す自己資本利益率(ROE)を重視しているため、自己資本膨張の抑制へとインセンティブが働いているとのこと。

そこで、負債資本倍率に関する自作の問題。

***********************************************
【8】 次のうち、負債資本倍率の計算式として正しいものはどれか。

a) 有利子負債÷(他人資本+自己資本)

b) 有利子負債÷自己資本

c) 総資本÷(他人資本+自己資本)

d) 総資本÷自己資本
***********************************************


(解答解説)
負債資本倍率は、企業の財務内容の安定性、健全性を測る指標であり、有利子負債が株主資本の何倍あるか、言い換えれば有利子負債を株主資本でどれだけカバーできているかを示す。
なお、有利子負債から現預金(短期有価証券含む)を引いたネットベースの負債の数字を使うとより正確に計算できる。
また、数字が低いほど財務基盤は強いとされるが、業種の特徴により一概には低ければ良いということではない。

よって正解はb)。


よかったらお願いします↓
にほんブログ村 資格ブログ 会計系資格へ



税効果会計

2008年10月18日 09:59

自作の問題。

***********************************************
【7】 次のうち、税効果会計の対象となる将来減算一時差異項目として正しいものはどれか。

a) 減価償却費限度超過額

b) 受取配当金の損益不算入額

c) 剰余金の処分方式による圧縮積立金の積立額

d) 寄付金の限度超過額
***********************************************


(解答解説)
受取配当金の損益不算入額:永久差異
剰余金の処分方式による圧縮積立金の積立額:将来加算一時差異
寄付金の限度超過額:永久差異
よって正解はa)。
項目の事象を具体的にイメージできていれば、一時差異か永久差異か、また加算か減算かの判断が容易になります。

よかったらお願いします↓
にほんブログ村 資格ブログ 会計系資格へ



ソフトウェアの会計処理

2008年10月18日 00:48

自作の問題。

***********************************************
【6】 ソフトウェアを、市場で販売することを目的として作成した場合、製品マスター完成後に計上する科目として適切なものはどれか。

a) 仕掛品

b) 売上原価

c) ソフトウェア

d) 研究開発費
***********************************************

(解答解説)
市場販売目的のソフトウェア製作費用にかんして、製品マスター完成時(バグ取り期間も含む)までは、研究開発費として費用処理をする。その後、製品マスター完成後は、無形固定資産のソフトウェアとして計上し、将来の見込販売数量もしくは見込販売収益に基づいて減価償却を行う。
よって正解はc)。

よかったらお願いします↓
にほんブログ村 資格ブログ 会計系資格へ

簿記の重要性について その2

2008年10月17日 22:20

前回は、財務諸表を理解するための、作り手側のルートと読み手側のルートについて述べました。

財務諸表の数字の本質を読み、企業活動・状態を理解するには作り手側の理解が必要になると考えていますが、その第一歩のスキルが『簿記』であると考えております。

一般的に簿記にはネガティブなイメージがあると思います。
・地味
・前近代的
・めんどくさい
・意味がわからない
・とっつきにくい
・単に事務的な作業、 等等

10年以上前、私も始めて簿記3級を勉強したとき、3,4日で挫折しました。。。

そのときは、まったく面白いとは思えませんでした。そもそも、なぜ右と左にいちいち記載していかなければならないのかさえ理解できませんでした。

ですが、スポーツであっても勉強であって、何かを新たに始める時、特に全く新しいことを始めるときは、正直、面白くないことが多いと思います。やりたかったことができず、イメージと異なっていたり。

例えば、テニスを部活で始めた時、初めはボール拾いやら、ランニングや筋トレばかりでうんざりしたものです。なかなかラケットを握ってボールを打つことができません。

ですが、この過程は、いざ試合になってみると重要だと気づく瞬間があります。

簿記は正に会計を実務で行うための「ボール拾いと筋トレ」の過程だと考えています。そして、例えば簿記検定の勉強の為に、何回も何回も、仕訳を手で起こすことは非常に重要だと思います。

そして、経理・財務実務に際し、簿記を分かっている人とそうではない人との仕事上の会話は、前者の方が当然スムーズに進み、問題解決も早いと感じています。
簿記は会計上の共通言語、つまり、分かっている人同士では、「仕訳で会話」をするのです。

昔、上司には、「今でも複式簿記の論文は書かれている、簿記は非常に深い」とよく言われたものです。

確かに現在では、システムで自動仕訳が行われるから、初めのシステムの設定さえしっかり行えば、仕訳の理解は必要ではなく、仕訳後の検証は、分析的な手続き等で行って、財務諸表の整合性や合理性を担保すれば良い、という意見の方もいると思います。

プロセスとしては、確かにそうです。しかし、企業活動は定型的な業務のみではなく、イレギュラーな事象が多々あります。
その時、いかにその事象の本質を会計的な側面から捉え、財務諸表に反映させるか、は簿記という基礎体力が必要だと思います。

また、財務諸表の数字から、頭の中で仕訳を起こし、その本質へたどり着く。簿記を知っているからこそ、企業活動と財務諸表のつながりが理解できるようになると考えております。
また、そうできるからこそ、経営にとってバリューのある、経理・財務になることができると思います。

多くの方が簿記を勉強されていると思いますが、今後も更に多くの方が簿記と触れる機会があることを期待しています。

長々と書き連ねましたが、お読み頂きありがとうございました。

よかったらお願いします↓
にほんブログ村 資格ブログ 会計系資格へ

FASSお勧めの理由 その2

2008年10月16日 23:48

私がFASS検定を勧める理由 その2として、実際に検定を受けた印象を述べたいと思います(再度申し上げますが、わたしはFASSの回し者ではありませんので、念のため・・・)

一番の印象は、下記の図のイメージになります。

つまり、自分のスキルやキャリアの現状を、スキルスタンダードの体系によってスクリーニングをかけ、客観的に判断されていると感じました。

図3

このように、経理・財務のスキルのマップ上で、自分の位置が明確になり、強化すべき分野や、進むべき方向性が理解することができました。

経理・財務部門は、社外との交流も他部門と比べると頻繁とは言えず、なかなか自分のスキルに対してベンチマークを取ることが難しいとおもいます。

FASS検定を受けることによって、一定の方向性が見えてくるのではないでしょうか?

今後、この検定がメジャーになっていけば、まさにスキルのスタンダードとして企業や個人にとっての物差しになっていくと考えられます。

よかったらお願いします↓
にほんブログ村 資格ブログ 会計系資格へ



FASSお勧めの理由 その1

2008年10月15日 23:26

私がFASS検定を勧める理由を述べたいと思います(ちなみに、わたしはFASSの回し者ではありませんので、念のため・・・)

・経済産業省の「経理・財務サービス ・スキルスタンダード」に準拠している

 「経理・財務サービス ・スキルスタンダード」(FASS)は経理・財務分野の業務プロセスの可視化・標準化といった効率化推進のベースとなる体系であり、また、経理・財務に従事する社員の実務知識や業務スキルを客観的に測定することが可能。

・FASS検定は実務スキルと相関関係が認められる

 経験年数、役職、年収と相関関係が認められ、現場でも納得感の高い。また、興味深いのは、簿記検定との関係は低く、異なる能力を測っているという結果もある。

・企業側の今後の活用可能性
 
 1)中途及び派遣スタッフ採用の際の選考資料と実務スキル評価
 2)スキルに即した報酬体系の構築
 3)資源の最適配分
 4)社内教育プログラムの成果検証
 5)教育機関による教育講座及び実務トレーニング

・現役の経理・財務部門の方が作成に係わっている。

 また、金児昭氏(元信越化学工業)も作成に関与しており、公認テキストでは、監修者をされている。

現在、経理・財務の取り巻く環境はめまぐるしく変化しているように感じます。過去数十年は、経理・財務部門は一管理部門に過ぎないものであったと想像します。ですが、昨今、企業は効率化・コスト削減のため、業務を次々とシェアード・サービス・センターに移管しております。

この流れは企業としては当然だと思います。お金を生まない部門は、コストの安い他企業や地域に移管されています。

FASSはこの流れをサポートするために、経理・財務部門の業務標準化の体系を提案し、可視化を促そうとしているのだと考えています。

また、一方で、個人の経理・財務スキルを客観的に図る術は明確にはなかったのではないでしょうか?簿記等の資格、もしくは経験年数でしかそのスキルを「想像」することができなかったと思います。

「経理10年やっていました」といっても、売掛・買掛で10年と、売掛・単体/連結決算・税務で10年では、スキルにはだいぶ差が出てきます。企業の規模や上場非上場も関係するでしょう。

FASSは個人のスキルを明確にし、個人にとってもまた採用・配置側の企業にとっても、一定の明確な判断基準を与えることができると思います。

長々と書き連ねましたが、お読み頂きありがとうございました。

よかったらお願いします↓
にほんブログ村 資格ブログ 会計系資格へ



ディスクロージャー

2008年10月14日 22:35

日本証券アナリスト協会のディスクロージャー研究会による報告書「証券アナリストによるディスクロージャー優良企業選定(平成20年度)」が刊行されています。

評価項目は大項目として、以下の内容で構成されています。

1.経営陣のIR姿勢、IR部門の機能、IRの基本スタンス
2.説明会、インタビュー、説明資料等における開示および四半期開示
3.フェアー・ディスクロージャー
4.コーポレート・ガバナンスに関連する情報の開示
5.各業種の状況に即した自主的な情報開示


大項目の下にはそれぞれ中、小項目があり、きれいに整理されていて理解しやすいです。
会社側は、これをチェックリストにして、自己評価にしたり、投資家側は、この項目を基準に各社のディスクロージャを比べると理解が整理できそうです。

と、ここで自作の問題。

***********************************************
【5】 次の決算発表時期の解説で(  )内に入る日数の組み合わせの適切なものはどれか。

 決算情報は、投資判断上最も重要な会社情報の一つであり、決算期末後速やかに開示されることが必要であり、具体的には、遅くとも期末後( A )日以内に開示されることが適当である。
 さらに言えば、期末後( B )日以内(期末が月末である場合は、翌月内)での開示がより望ましいものと考えられます。
 なお、決算短信の開示が、期末後( C )日を超える場合は、開示後遅滞なく、開示がその時期になった理由及び翌年度以降の開示時期の見込み・計画を決算発表後遅滞なく開示することが求められる。

a) A 60 B 45 C 75

b) A 60 B 30 C 50

c) A 45 B 30 C 50

d) A 45 B 25 C 75
***********************************************

(解答解説)
正解はc)。決算短信の記載項目や要領なども合わせて一読しておくと良いと思います。「次のなかで決算短信の記載項目でないものはどれか?」など、FASSでは出題されそうな問題です。

よかったらお願いします↓
にほんブログ村 資格ブログ 会計系資格へ




簿記の重要性について その1

2008年10月14日 12:50

最近、財務諸表関連のビジネス書が大流行しているようですが、多少疑問に思うことがあります。

それはあたかもその書籍を読めば、会計リテラシーがすぐにアップし、企業の財務諸表がバッチリ理解し、実務に役立ちます!簿記なんて理解できなくてもOK!的な印象を受けるからです。

私も何冊か購入したり立ち読みしたりしました。確かに財務諸表の全体像ある一つの方向からザックリとを知るには分かりやすい本ではありますが、読み手や読み方によっては、時間とお金を散財し、とても狭い視野でしか財務諸表というものを理解できない恐れがあると思います。

財務諸表を理解するときには、2つのアプローチがあると考えています。

1つ目は、作り手側から、つまり、日々の経営活動を数字に置き換え、それらを積み上げて財務諸表にたどり着くルート
2つ目は、読み手側から、つまり、会社の経営活動を財務諸表から掘り下げて分析していくルート

この2つのアプローチは不可分のものであり、一体として理解しなければ、財務諸表の本質は理解できないと考えております。当たり前のことかもしれませんが、最近よく実感しています。

財務諸表を利用した企業分析はある一定程度のメッシュで目的の情報を洗い出すことが出来きたり、比較分析等には有用だと思いますが、その数字の本質を読み企業活動・状態を理解するにはどうしても作り手側の理解が必要になります。

そこで、簿記です。

(つづく)

よかったらお願いします↓
にほんブログ村 資格ブログ 会計系資格へ

投資信託

2008年10月13日 12:10

自作の問題。

***********************************************
【4】 投資信託を構成する次の4者の説明の組み合わせで、適切でないものはどれか。

a) 受益者・・・投資運用利益を受ける者

b) 販売会社・・・投資信託を販売する者

c) 委託者・・・投資家から集められた財産を運用する者

d) 受託者・・・受益者の指図を受けて財産を管理する者
***********************************************

(解答解説)
受託者は「委託者(投資信託委託会社)」の指図を受けて財産を管理する者で、信託銀行のことを指す。よって正解はd)。一見、似たような名称が並んでいますが、明確に区別しておかなければ試験時には対応できません。

投資信託

よかったらお願いします↓
にほんブログ村 資格ブログ 会計系資格へ


会社「経理・財務」の基本テキストの使い方

2008年10月13日 00:56

FASS認定テキストは2冊あります。

会社「経理・財務」の基本テキスト―経済産業省「経理・財務サービススキルスタンダード」を活用した会社「経理・財務」の基本テキスト―経済産業省「経理・財務サービススキルスタンダード」を活用した
(2006/09)
NTTビジネスアソシエエヌティティビジネスアソシエ=

商品詳細を見る

会社「経理・財務」の基本テキスト 2 ステップアップ編 改訂―経済産業省「経理・財務サービススキルスタンダード」を活用した (2)会社「経理・財務」の基本テキスト 2 ステップアップ編 改訂―経済産業省「経理・財務サービススキルスタンダード」を活用した (2)
(2007/03)
NTTビジネスアソシエ

商品詳細を見る


利点として、フロー図と解説経理・財務の基本業務プロセスを網羅的にく解説されており、用語や関連の説明も充実していることがあげられます。自分が実務でかかわっていない分野であっても一読すると業務の流れが理解でき、キーワードも頭に入ります。
そして何よりも、1000円という値段は、その内容に比べると非常に良心的だと思います。

欠点として、2冊に分かれていることです。基本テキスト2は、より深掘りした内容となっていますが、重複している内容があったりと、2冊を行ったり来たりしなければなりません。

そこで私は、この欠点をカバーし利点を活かすために、キンコーズでテキストの背を裁断し、バラバラにして、36業務ごとに並びかえ再編集しました。
2穴をあけ、ファイリングすることにより、テキスト以外の追加情報等も適宜追加できるようにしました。

自作『経理・財務基本辞書』的にさらに充実させて行こうと考えています。

具体的な使用方法等についてはまた別途書きたいと考えています。

FASS検定を別にしても、経理・財務にかかわる方はこの2冊を持っておいても損はないと思います。たった2000円の投資でリターンは十分にあると思います。

よかったらお願いします↓
にほんブログ村 資格ブログ 会計系資格へ


在庫回転期間

2008年10月12日 12:21

2008年10月11日付日経新聞「激震日本車メーカー(下)」より

米国自動車販売台数の不振により在庫圧縮が進んでいないようです。トヨタ・日産・ホンダの在庫日数は前年比で2割~5割増で収益の圧迫を招いているとのこと。

在庫圧縮のためにインセンティブを増加する動きに出ているようですが、在庫日数の増加によるキャッシュフローの悪化を少しでも緩和させようとしているのでしょう。

そこで、在庫管理に関する自作の問題。

***********************************************
【3】 次のうち、在庫日数(在庫回転期間)の計算式として正しいものはどれか。

a) 売上高÷平均在庫金額

b) 売上高÷平均在庫金額×365

c) 平均在庫金額×売上高

d) 平均在庫金額÷売上高×365
***********************************************

(解答解説)
在庫日数(在庫回転期間)は、在庫が一回転するのにどれくらいの時間がかかったか、つまり、どのくらいの期間で売り切れる在庫を持っているか、を表す。
a)は在庫回転率。正解はb)だが、売上高を売上原価にすると、より正確な日数を算定できる。


よかったらお願いします↓
にほんブログ村 資格ブログ 会計系資格へ


下請法

2008年10月10日 00:09

自作の問題。

***********************************************
【2】 下請法において、親事業者の禁止事項として適切でないものはどれか。

a) 一般の金融機関で割引を受けることが困難であると認められる手形を交付すること

b) 物品等を受領した日から60日以内において、支払い期日を定めること

c) 自分の都合でその代金を減額して支払うこと  

d) 役務の利用強制 
***********************************************

(解答解説)
親会社は注文品などを受け取った日から支払期日(最長60日)までにその代金支払わないこと、が禁止されており、b)は親事業者の義務である。

よって正解はb)

公正取引委員会HPに非常に親切な解説があり参考になります

よかったらお願いします↓
にほんブログ村 資格ブログ 会計系資格へ

特殊商品販売

2008年10月07日 22:28

自作の問題。

***********************************************
【1】 次のうち、販売形態と売上収益計上時期の組み合わせとして、適切でないものはどれか。

a) 委託販売 - 委託者が委託品を販売した日

b) 試用販売 - 買い手が買取りの意思表示をした日

c) 予約販売 - 商品の引渡し又は役務提供の完了した日 

d) 割賦販売 - 仕切精算書が到達した日
***********************************************

(解答解説)
割賦販売
 原則:販売基準
 容認:回収基準、回収期限到来基準

委託販売
 原則:販売基準(委託者販売基準)
 容認:仕切精算書到達日基準

よって正解はd)


よかったらお願いします↓
にほんブログ村 資格ブログ 会計系資格へ

協同組合の法人税率

2008年10月05日 22:36

試験で間違えた所 その2

公益法人等または共同組合等の法人税率・・・22%

知りませんでした。。税理士にとっては当たり前なのかもしれませんが。

基本税率は30%。

現行では、税率は30%か22%なんですね。

法人の種類

所得金額のうち

年800万円以下の金額

所得金額のうち

年800万円以下の金額

普通法人

 ①期末資本金が1億円を超えるもの

②相互会社

30%

30%

普通法人

 ①期末資本金が1億円以下のもの

②資本または出資を有しないもの

22%

30%

人格のない社団等

22%

22%

公益法人等、共同組合等、特定の医療法人

22%

22%



 


にほんブログ村 資格ブログ 会計系資格へ

減価償却資産の償却方法の変更手続

2008年10月03日 15:54

試験で間違えた所 その1

償却方法の届け出のタイミングと届け出先。

申告の時までに届けていれば良いと思っていました。

実務でもそうやっていた気がしますが。。。

【原則】
*新たな償却方法を採用しようとする事業年度開始の日の前日までに
*償却方法を変更しようとする理由などを記載した「減価償却資産の償却方法の変更承認申請書」を
*所轄税務署長に提出して、所轄税務署長の承認を受けなければなりません。



よかったらお願いします↓
にほんブログ村 資格ブログ 会計系資格へ



最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。