スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

現金の範囲 その2

2008年10月22日 23:23

現金の範囲は実務でも重要だと思うので、再び自作の問題。

***********************************************
【11】 次のうち、会計上の「現金」に該当しないものはどれか。

a) 送金為替手形

b) 官公庁支払命令書

c) 収入印紙

d) 期限到来後の公社債利札
***********************************************


(解答解説)

a)、b)、d)は通貨代用証券にとされ、会計上「現金」で処理されます。

解答はc)で、使用分は「租税公課」で処理し、未使用分は「貯蔵品」で処理します。

そのほか、現金と間違えやすい項目として、はがき・切手(使用分は「通信費」、未使用分は「貯蔵品」で処理する)や消耗品(使用分は「消耗品費」、未使用分は「消耗品もしくは貯蔵品」で処理する)などが挙げられます。

取引をイメージしながら実際に仕訳を書いて行くと覚えやすいと思います。特に、現金と間違えやすいものは、「なぜ現金ではないか」と自問しながら仕訳を切ると良いと思います。

よかったらお願いします↓
にほんブログ村 資格ブログ 会計系資格へ
スポンサーサイト

現金の範囲 その1

2008年10月20日 23:05

自作の問題。

***********************************************
【10】 次のうち、会計上の「現金」に該当しないものはどれか。

a) 郵便為替証書

b) 一覧払手形

c) 振替貯金払込証書

d) 自己振出の回収小切手
***********************************************


(解答解説)
簿記等の会計系の勉強では必須なトピックです。

a)~c)は通貨代用証券にとされ、会計上「現金」で処理されます。

解答はd)で、自己振出の回収小切手とは、当社が以前に振出した小切手が、裏書の繰り返しなどにより再び当社に戻ってきた場合のその小切手をいいます。

そのほか、現金と間違えやすい項目として、先日付小切手(受取手形で処理)や借用証書・借受メモ(貸付金で処理)などが挙げられます。

丸暗記ではなく、それぞれの内容をイメージし、経済的な意味等を知ると覚えやすいかと思います。

よかったらお願いします↓
にほんブログ村 資格ブログ 会計系資格へ







最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。